読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感謝を伝える

最近トラップ射撃や狩猟をやろうかと、免許取得に頑張っている松岡です。
Tsuri Technology Trapshooting で C3TO を名乗ることが夢です。
 
 

ここ一年ほど、ランチは一対一で社員の方と食べてます。

昔は仕事してるとお声がかかったものですが、最近は私の不徳の致すところでなかなか誘っていただけず、お声がけしている次第。
 
今日のランチの犠牲者はF津さん。三年目で一つの基盤のユニットを任されている優秀な方です。
賢く数字に強いような印象があります。
 
私はランチにご一緒した方に必ず、最近何に困っているの?、と聞きます。
彼はマネージに困ってるという話をしました。
四月に昇進して以来、いろいろ頑張っているがベテランエンジニアの方に助けられてばかりいること、もっとしっかりしないと、ということでした。
 
この類のことを、自分も昔仲良くさせていただいている、髭に赤い爆釣と書かれたTシャツで有名な方に聞いたことがあります。
 
「仕事で会う人すべてを、自分の彼女のように扱え。」
 
ちょっと突っ込みたい気持ちもありますが、流石な一言でした。
流石にすべての方に、愛してる、とか、好きだよ、とかいうわけには行きませんから、自分は心の中だけで発音してます。
後、初めて仕事でお会いする人に対して、第一印象を感じる前に心の中で「かわいい!(はーと)」ということを習慣づけてます。
もう一つ秘密のメソッドがあるのですが、これは秘密。興味ありましたら聞いてくださいませ。
 
似た経験として、リクシルに八木さんというとても有名な人事の方がいます。
彼のセミナーで印象的だったのは以下です。
 
「すべての会話は、ありがとうで締めろ」
「自分ですら、いまだに社長に、ありがとう、って言われると嬉しいし照れちゃうよね。」
 
チャーミングな方です。
メッセージは髭の方と同じだと理解してます。
なるべくこれは実践するようにしてます。
たまにそこを他の方に褒められると、有頂天になります。
 
F津さんにはそんな話をして、まず助けていただいていることに対してのレスポンスから始めては、とお勧めさせていただきました。
これは万人に共通のことかなと思い久々にブログを書いた次第です。
 
f:id:matsuoka394:20130826202014j:plain